MK速報

管理人が気になった話題、世間で注目を集めている話題など、様々な題材を記事にします。

    生活

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 15:38:42.48 ID:CAP_USER*.net
    ◇第88回選抜高校野球大会第6日・2回戦 滋賀学園9―1釜石(2016年3月25日 甲子園)

    第88回選抜高校野球大会の第6日は25日、甲子園球場で行われ、第3試合は滋賀学園(滋賀)が2試合連続2桁安打となる19安打を放って9点を挙げ、
    21世紀枠の釜石(岩手)に快勝し、春初出場でベスト8へ駒を進めた。

    滋賀学園は初回、相手失策と後藤の右前打で1死二、三塁とし、4番・馬越の右前適時打で先制。
    なお1死一、三塁から松岡の中犠飛で追加点を挙げた。2回には2死から4連打が飛び出し、さらに1点を追加。
    4回には神村と井川の安打で1死二、三塁の好機を築き、後藤、馬越の連続適時二塁打で6―0とリードを広げた。
    8回には後藤のこの日5安打目となる適時二塁打で1点を追加した後、
    なお2死二塁から馬越が高めに浮いたボールを見逃さず、左中間スタンドに飛び込む2点本塁打。この回3点を挙げてダメを押した。

    1回戦で10三振を奪って5失点完投した滋賀学園の2年生エース右腕・神村は、この日は打たせて取る投球でアウトを積み重ね、
    5回の1失点のみに抑えて9回途中で降板。最後は背番号11の棚原が締めた。

    釜石は4回まで無安打に抑えられていたが、5回2死一、三塁から大尻の適時打で一矢。
    先発の右腕・岩間は19安打を浴びながらも9回131球を投げ抜き、2試合連続の完投を果たした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00000122-spnannex-base
    スポニチアネックス 3月25日(金)15時32分配信

    http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/senbatsu/2016/score/2016032503.html
    試合スコア

    b0b756ad81737f365c6746b987b31629_s

    1: エルボードロップ(庭)@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 07:02:36.03 ID:Disd++4B0●.net
    派遣社員ならではの悩みが発言小町に投稿されている。20代女性の派遣社員が派遣先の会社で
    「送別会のお知らせ」というメールが届いたという。
    そのメールの内容は「土曜日の開催となってしまいますが基本的に全員参加です。
    どうしても出席できない方のみ幹事○○へお知らせください」と書かれていた。

    “基本的に全員参加”と書かれていたことと、自分にもメールが届いたことから送別会会場に向かったら、
    その送別会は直接雇用のみの参加だけだったようだ。

    驚いた顔で「呼ばれちゃったなんて思っちゃったんだ!派遣さんが!!」と爆笑され、
    メールを出した幹事が「誤解を招く書き方でしたね」と謝ってくれたという。
    女性の派遣社員はその場で笑い者にされ、即座に退散したという。

    幹事が出したメールは個別に送られるメールではなく、社員に一斉に送信するメーリングリストというもの。
    その会社の人なら誰でも見れてしまう。当然派遣社員も見ることができる。
    それを受け取り“全員参加”と書かれているので出席したら笑いものに。

    この女性はこの会社で唯一の派遣社員だったようで、わざわざこの人のためにメーリングリストを別で作るのが
    面倒だったのだろうか。

    この投稿に対して「トピ主は何にも悪くないよ」「普通メールグループを分ける」「相手が悪い!」と
    みんながこの女性の味方になっているようだ。

    確かにこのメールの出し方だと例え派遣だったとしても参加してしまうかも。

    http://gogotsu.com/archives/17153

    711d6d7f3c39c6f5c7c30674d5f40387_s

    1: デンジャラスバックドロップ(埼玉県)@\(^o^)/ 2016/03/26(土) 05:42:57.79 ID:AniUHk9G0.net
    改正自殺対策基本法
     市町村に自殺防止の計画策定を新たに義務づけ、学校現場の取り組みも強化した改正自殺対策基本法が今国会で成立した。全国的に自殺者数は減少しているが、いじめなどによる若者の自殺は深刻な問題である。

     2015年の自殺者数は全国で約2万4千人(佐賀県157人)で6年連続で減少した。3万人を超えていたころに比べ、国を挙げて防止に取り組んだ成果が見えてきた。

    さらに一人一人が関心を持って、防止していくことが求められている。

     改正ポイントの一つは、国だけに義務づけられていた計画の策定を、全ての都道府県と市町村に義務づけた点である。

     一般に自殺の背景には健康、経済・生活、家庭問題が多いが、細かく見れば高齢者の多い地域では介護に伴う悩み、

    都市では失業や引きこもりなどというように地域差もある。自治体による取り組みにも濃淡があった。

     それぞれの地域事情に合わせて、相談窓口を開いたり、人材育成を実施している自治体では、確実に自殺者数が減っているという。

    住民に一番近い市町が主体的に関わるようになれば、さらに減少させることができそうだ。

    http://www.saga-s.co.jp/column/ronsetsu/293404

    1a19147d74b10d06e3186739f1f96eb9_s

    1: ダイビングフットスタンプ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/03/25(金) 12:34:41.66 ID:KKjbVPnX0.net
     間もなく入学シーズン。真新しいランドセルを背負った小さな子どもたちの姿を思い浮かべるが、最近は素材や機能にこだわった高額のランドセルが人気という。
    ただ、すっかり定着しているこの通学スタイルも義務ではない。近年はランドセルの入手が生活困窮家庭の重荷になっていることもあり、無料配布や見直す動きも広がっている。

     薄紫、ピンク、花の刺しゅう入り…。福岡県のあるかばん店では年間を通して多彩なランドセルを陳列、販売している。
    最も安いもので4万円、最高値は12万円。売れ筋は5万~6万円の商品という。別の店で6万円のランドセルを買った福岡県の母親は「6万円でも安い方だと思った」と“相場観”を口にした。

     日本鞄(かばん)協会ランドセル工業会などによると、今の形のランドセルは明治時代から使われ始め、高度経済成長期の1950年代後半から全国に普及したとされる。
    平均価格は年々上昇。バブル経済崩壊後しばらくは横ばいだったが、この10年は物価の変動がほとんどない中、再び右肩上がりに。
    70年の6千円が、2014年には約4万2千円と7倍になった。少子化で市場が縮小する最近はこだわりの高額商品も目立っている。

    以下ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00010001-nishinp-soci

    5ff5150a7bb9053f9c3eb9011f6a1efc_s

    1: ダイビングフットスタンプ(dion軍)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 20:45:26.99 ID:qwN5RYAI0●.net
    「お母さん、私、生まれてこなくてよかったの?」

    報道を見聞きするたび、ダウン症とともに生きてこられたご家族は「人生を否定された」「自分達が不幸の象徴になているようだ」と、悲しみにくれました。

    あるダウン症の子どもは、お母さんに こう聞いたそうです。

    「お母さん、私、生まれてこなくてよかったの? 私、いらないの?」

    残念ながら、ダウン症については、芸術に秀でた人の活躍などステレオタイプな報道が多く、
    “フツー”に暮らすご家族の様子については、あまり知られていないのが現状です。
    筆者と取材させて頂いた佐々木ジェイミー君

    ダウン症の子どもは、成長が とてもゆっくりです。「歩く」や「言葉を話す」なども、1~2年以上、遅れてできるようになるケースがほとんど。
    とはいえ、決して成長しないわけではなく、遅れてやってきた分、できるようになったときの喜びも倍増です。

    言い換えれば、まわりの子どもと自分の子どもとを、見比べることなく、自分の子どもの成長を、しっかりと、見つめることができます。

    真っ直ぐな心の子どもと過ごすうちに、「自分自身が真人間になれた」。
    そう語る親御さんも少なくありません。

    ある親御さんは、このようにおっしゃいました。

    「まわりの人が気を遣って“自分たち親子なら育ててくれると思って、神様が授けてくれたんだよ”という話をされますが、全然違うように思うんです。
    逆に、神様が、僕たち夫婦の『弱い面を助ける』ために、授けてくれたんじゃないかなって。『ダウン症の子どもを育ててごらん?
    きっと、考え方が変わるよというメッセージ』だと受け止めています」
    人間は誰しも、おぎゃ~という泣き声とともに、無限の可能性を背負った赤ちゃんとして、この世に生まれてきます。
    けれども、親はいつしか、「この子は これには向いてない」、「あれは ちょっとできないだろう」と、その特性を見極めているつもりが、
    子どもの可能性を、知らず知らず狭めていってしまいます。

    http://toyokeizai.net/articles/-/109130?page=3

    ad0b21c2bd6b56d73636c9bb01b2eb56_s

    1: サッカーボールキック(東日本)@\(^o^)/ 2016/03/22(火) 11:20:46.46 ID:rY7Tvw8R0.net
    ● ★【三流】は、出されたコーヒーを「ゆっくり」飲む ★【二流】は、出されたコーヒーを「急いで」飲む ★【一流】は、出されたコーヒーを「飲まない」

    訪問先では、「お茶もコーヒーも出さなくていいです」と言っています。お茶を飲んでいる時間がもったいない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160321-00086713-diamond-bus_all

    このページのトップヘ