MK速報

管理人が気になった話題、世間で注目を集めている話題など、様々な題材を記事にします。

    海外

    a79b655de9e1f41f8e2b7652371bcfb1_s

    1: 曙光 ★ 2016/04/02(土) 09:45:01.73 ID:CAP_USER*.net
    米国中央情報局(CIA)による「2015年版国内総貯蓄ランキング」で、日本が対象国177カ国中、51位であることが判明した。

    シンガポール、中国(ともに2位)、韓国(4位)、台湾(8位)、インドネシア(10位)と、アジア圏からは5カ国もトップ10入りしており、日本同様、香港(47位)が圏外という結果に。

    日本の総貯蓄対国内総生産(GDP)の割合は24.80%と、1位のカタールの半分以下だった。

    日本は貯蓄の余裕ナシ? 中国、韓国は貯め姿勢
    この統計はGDPに対する各国の総貯蓄(海外貯蓄を除く個人貯蓄、法人貯蓄、政府貯蓄の集計)を割合で表したものだ。数値が高ければ高いほど、国内の消費率が低く「国の財布のヒモが固い」ということになる。

    ランキングを見ると、貯蓄への意識が高い国は発展途上国が多い。

    経済大国と呼ばれるドイツ(33位)や米国(96位)を始め、カナダ(79位)、ニュージーランド(97位)、英国(134位)、スイス(141位)などは軒並み「財布のヒモが緩め」。逆にシンガポールのように政府によって貯蓄が義務つけられている国もある。

    総貯蓄が低い国には2パターンあるようだ。一般的に消費率の高さは景気の良さと連動しているため、総貯蓄率が低い国ほど国民の懐がうるおって消費に走っている、あるいは貯蓄したくても貯蓄するお金がないとも考えられる。

    バブル崩壊前の1990年代には個人貯蓄水準の高さで知られていた日本だが、景気の減退とともに2000年以降は「貯蓄に回す余裕がない」といった声が多く聞かれるようになった。

    お隣韓国も景気の上がり下がりに合わせて、貯蓄率も変動している。総貯蓄が50%を超えた10年前にピークを迎えた中国は若干目減りしているが、まだまだしっかりと貯めの姿勢を維持しているようだ。

    貯蓄に励む20カ国 1位はカタール
    19位 マケドニア共和国 30.20%
    19位 クウェート 30.20%
    18位 タイ 30.90%
    15位 カーボベルデ共和国 31.00%
    15位 ウズベキスタン 31.00%
    15位 スイス 31.00%
    14位 モロッコ 31.10%
    12位 スウェーデン 31.20%
    12位 イラン 31.20%
    11位 アルジェリア 31.40%

    10位 インドネシア 31.70%
    9位 トルクメニスタン 32.10%
    8位 台湾 33.70%
    7位 ネパール 33.90%
    6位 ノルウェー 35.20%
    5位 ボツワナ 35.60%
    4位 韓国 35.70%
    2位 中国47.40%
    2位 シンガポール 47.40%
    1位 カタール 51.40%

    https://zuuonline.com/archives/101735

    im_main

    1: エルボーバット(東京都)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 21:44:46.44 ID:6RklXHWc0.net
    以前、マイナビニュース編集部では外国人を対象に日本で「買ってよかった!」と思ったものについて調査したところ、
    電化製品が人気の傾向にあった。では、外国人が日本で
    「買わなければよかった」と思ったのはどんなものなのか。日本在住の外国人20人に聞いてみた。

    日本で「買わなければよかった!」と思ったものとは…?

    Q.日本で「買わなければよかった」と思ったものを教えてください。理由もお願いします。

    家具・インテリア用品

    ・「ソファ。品質が良くなかったから」(トルコ/40前半/男性)
    ・「座ソファ。足も腰も首も痛くなったので、普通のソファに変えました」(イタリア/30前半/男性)
    ・「ベッドフレームとスプリングマットレス。引っ越すたびに毎回苦労しています」(シンガポール/20後半/男性)
    ・「低価格家具チェーンのカーペット。しばらく使っていたら、
    掃除をしてもほこりがたくさん出るようになって、アレルギーになったから」(韓国/30前半/女性)

    美容アイテム

    ・「シャンプーです。日本で買ったことのあるシャンプーは、私の髪の毛タイプに合いませんでした。
    なのでいつもロシアから持っています」(ロシア/20後半/男性)
    ・「香りのスプレーです。化学成分がいっぱい入っています」(台湾/40後半/女性)

    酒・タバコ

    ・「タバコを買って後悔しています。やめられなくて体調が悪くなっています」(ブラジル/40前半/女性)
    ・「ビールです。薄くてまずい味がします」(ウクライナ/20中半/女性)

    日本の●●

    ・「ものではないが、日本での両替。金利差が広いため」(インドネシア/20後半/男性)
    ・「日本語で書いてある小説。漢字知識がまだ低いし、読めないと落ち込むので」(スペイン/30前半/男性)

    その他

    ・「女性用の靴。デザインはかわいいのにすぐ古くなる。丈夫ではない」(フィリピン/30中半/女性)
    ・「電化製品。ボルトが違うからです」(エジプト/20中半/男性)
    ・「高級マウンテンバイク。購入して2、3カ月で盗まれた」(オーストラリア/30後半/男性)

    http://s.news.mynavi.jp/news/2016/04/03/008/

    224f823d1ca3443d3a0f74b2f9bfb887_s

    1: リキラリアット(秋田県)@\(^o^)/ 2016/03/28(月) 19:52:26.09 ID:Jilg6XKU0.net
    「旅館でおひつが出てくると当然のように女性のそばに置かれるのがムカつく。テーブルの真ん中に置いて自分でよそえばいいのに」(台湾・女・28歳)

    「居酒屋で注文を取る従業員がひざまずくのにはどん引き。奴隷制の国かと思った」(台湾・女・30歳)

     など、“たおやか”な気づかいが逆効果に。

     また、日本は清潔な国だと思っていたのに意外だという声もある。「老舗は座敷しかなくてイヤ。足の臭いを嗅ぎながら食事するのって拷問」
    (中国・女・35歳)とのご意見。普段ずっと靴を履いている中国の人たちなら足がクサいことくらい、気にならなさそうだが……。

     また、生真面目さがあだになることもあるようだ。

    「食後にお願いしますって言い忘れると、コーヒーが最初に出てくるのは勘弁して」(中国・女・30歳)

    「潔癖症の友人がビールを飲む時に、ストローが欲しいって頼んだけれどダメだった。マニュアル思考で融通が利かない」(中国・女・36歳)

     良くも悪くも大らかな大陸気質の中国人から見ると、日本人の性格に、いささかイラッとさせられることも多いようだ。

     中華圏の観光客にすべてを合わせる必要はないとはいえ、彼らの目から見て何が奇妙に見えるのかを知ることは、今後も爆買いに
    やってくるであろう彼らとうまく付き合うためにも必要だろう。

    http://news.livedoor.com/article/detail/11347886/

    e02e53e7660e6cb8eed98ec319b7e628_s

    1: アトミックドロップ(庭)@\(^o^)/ 2016/03/28(月) 23:33:23.08 ID:z+OxBeAA0.net
     文部科学省が中学3年生と高校3年生を対象に実施した2015(平成27)年度の「英語力調査」(速報)では、「読む」「書く」
    「聞く」「話す」の4技能がバランスよく育成されていないことが、大きな課題となっています。中高生に対する意識調査の
    部分からは、根本的な問題が浮かんできました。

    中高生にとって、英語を使って何をするのかという具体的なイメージが、あまりに乏しいことです。

     中高生の英語力が上がらないのには、授業方法など、さまざまな理由がありそうです。同時に注目されるのが、
    中高生の意識です。
    調査対象となった中3は、新学習指導要領により、小学5・6年生に「外国語活動」(英語教育)が初めて導入された
    最初の子どもたちです。
    それにもかかわらず、中3で「英語が好き」と回答した生徒は56.1%でした。裏を返せば、小学校高学年から英語を
    学んできたのに、中3になると4割以上が英語嫌いになっているのです。
    グローバル化対応を柱にした新学習指導要領で、「英語嫌い」をなくすことはできなかったようです。

     さらに、どの程度まで英語力を身に付けたいか尋ねたところ、中3では「高校入試に対応できる力」35.4%と
    「海外旅行などで日常会話をし、
    コミュニケーションを楽しむ」34.0%の2つで約7割を占め、「国際社会で活躍できるようになりたい」は10.2%、
    「海外でのホームステイや語学研修を楽しめるようになりたい」は7.3%でした。一方、高3は、海外旅行などでの
    日常会話が35.6%でトップ、
    次いで「学校の授業以外での利用は考えていない」が20.6%、「大学入試に対応できる力」が18.8%となっています。
    「国際社会で活躍したい」は11.2%、「大学で自分が専攻する学問を英語で学べるようになりたい」は4.7%でした。

     高校入試や大学入試に対応でき、将来の海外旅行で日常会話ができる程度、というのが、多くの中高生の
    英語力のイメージのようです。これでは英語力の向上は難しいといえるでしょう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00010001-benesseks-life

    383bb28834b89bb1ee90ae917d7772e8-e1434243701152
    1: Ψ 2016/03/27(日) 14:29:22.34 ID:e8ipfb9k.net
    (朝鮮日報日本語版) 就職難の韓国20-30代に改名ブーム

    朝鮮日報日本語版 3月27日 7時4分配信


     毎年教員採用試験に失敗していた20代の女性が昨年母と共に占い師を訪ねた。
    4回目の試験に不合格になった日のことだった。占い師はしばらくの間、四柱推命を見た後、「他は全部いいのに『イスル』という名前のせいで運勢が開けない。名前を変えた方がいい」と改名を勧めた。
    名前と四柱推命の組み合わせが良くないため就職できないというのだ。横にいた母も「改名したところで損はないから、それもいいかも」と乗り気になった。
    結局この女性は改名申請書を持って家庭裁判所を訪れ、裁判所の改名許可を受けて「イスル」という名前を「ヘイン」に変えた。

     会社の面接試験に相次いで失敗した20代の「○ウヨン」さんも、就職のために名前を変えたケースだ。ウヨンさんは「名前の聞こえがあまり良くないため就職できずにいる」と、改名の手続きを取った。ウヨンさんの選んだ名前は「ジヨン」だった。
    「スングン」という名前の30代の学生(就職活動中)も「会社の面接のたびに面接官たちが毎回名前を聞き返してくる」との理由で「ミンジュン」に改名した。

     就職難に苦しむ20、30代の改名申請者が増えている。就職できないのは発音が難しかったり一見変わった名前だったりするため、と考えるからだ。
    ソウル家庭裁判所の関係者は「1日平均で30人が改名を申請するが、このうち10人は就職が理由」と現状に触れた。


    >>2以降に続く

    a79b655de9e1f41f8e2b7652371bcfb1_s

    1: 超竜ボム(庭)@\(^o^)/ 2016/03/27(日) 07:15:58.85 ID:YBMgTB+h0●.net
    トランプ氏「在日米軍撤退も」=駐留経費、負担増求める-米大統領選

     【ワシントン時事】米大統領選の共和党指名争いで首位を走るドナルド・トランプ氏(69)は、
    大統領に就任した場合、日本が駐留経費の負担を大幅に増額しなければ、在日米軍を撤退させる
    考えを示した。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が26日に掲載したインタビューで語った。

     トランプ氏はこれまでも「日米安全保障条約は不公平だ」と負担増を求める意向を示していたが、
    米軍撤退の可能性に言及したのは初めて。

     インタビューで、日米安保条約について「片務的な取り決めだ。私たちが攻撃されても、
    日本は防衛に来る必要がない」と説明。また「米国には巨額の資金を日本の防衛に費やす
    余裕はもうない」と述べ、米国の財政力衰退を指摘した。

     その上で、インタビュアーが「日本は世界中のどの国よりも駐留経費を負担している」と
    ただしたのに対し、「実際のコストより、はるかに少ない」と強調。さらに「負担を大幅に増やさなければ
    日本や韓国から米軍を撤退させるか」と畳み掛けられると、「喜んでではないが、そうすることを
    いとわない」と語った。 

     トランプ氏は日本政府と再交渉し、安保条約を改定したい考えも表明。日韓両国が北朝鮮などから
    自国を防衛できるようにするため、両国の核兵器保有も否定しないという見解も示した。

     さらに「私は米国のことを第一に考える」と述べ、日韓両国だけでなく、北大西洋条約機構(NATO)や
    サウジアラビアなどアラブ諸国との関係も見直すと表明。特にアラブ諸国に関しては、過激派組織
    「イスラム国」(IS)掃討作戦に地上軍を派遣しなければ、石油の購入を停止することもあり得ると
    けん制した。(2016/03/27-06:12)

    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2016032700018

    674f14ce1ed91db6213b3e0d4970ed105603bd4d1451457535
    1: ちゅら猫φ ★ 2016/03/22(火) 18:52:03.50 ID:???
    ★韓国で「恩人扱い・大絶賛」の追悼 歴史学者・上田正昭氏、生前に「天皇家に百済の血筋」と提唱=中国メディア
    2016-03-22 18:09

    中国メディアの環球網は22日付で、日本の古代史研究者で京都大学などの名誉教授だった
    上田正昭氏が13日に死去したことが、韓国では「恩人を追悼するように報道された」
    と紹介する記事を発表した。

    記事は、天皇陛下が2001年のお誕生日に際してのお言葉に「桓武天皇の生母が百済の
    武寧王の子孫であると、続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています」
    との部分があったことで「韓国人は異常に興奮した」、「喜びを隠すことができなかった」と紹介。

    記事は、「報道によれば、日本の天皇家と韓国の王朝の血縁は、証明されたわけではない」
    とした上で、韓国では「天皇家と韓国の血縁説」に大きな影響を与えた研究者として上田氏が
    注目されるようになったと紹介。上田氏の死去を知った韓国メディアは「恩人を追悼するよう」
    に大きく報道したという。

    記事は、韓国で発表された記事の見出しには「日本の天皇は百済の子孫と広めた日本の歴史学界の
    巨頭だった上田氏が逝去」、「韓国史と韓国人を愛した日本古代史の偉人だった」などの文字が躍ったと紹介。

    記事本文でも「上田氏は、国家主義にそまった近代における日本の古代史学界で、新たな風潮を
    巻き起こした」、「上田氏は生前、日本の建国神話が(韓国の建国神話である)檀君神話の影響を
    強く受けていると主張した」、「朝鮮半島から渡来した人は『帰化人』と読んでいたが、(上田氏は)
    日本中心の呼称であるとして『渡来人』と称した」など、上田氏の業績を絶賛する表現が並んだと言う。

    **********

    ◆解説◆
    天皇家に百済王家の血筋が入っているかどうかは別にして、日本人としては「自分らの祖先は
    朝鮮半島を含む東アジア、場合によっては南方の島から来た」と納得しているのではなかろうか。
    とすれば、記録もかすかな古代の血筋について、それほど大騒ぎする必要はないように思える。

    中国人にとって、「血統」は日本人の感覚と比べれば、はるかに重みをもつ。それにしても
    韓国における上田氏の扱いは、「ふつうではなく」感じられたようだ。(編集担当:如月隼人)

    http://news.searchina.net/id/1605473?page=1

    7a270eda1acddb168dc8e64407077c08_s

    1: ジャンピングDDT(茸)@\(^o^)/ 2016/03/22(火) 15:54:14.27 ID:n7YLlito0?2BP(2525)
    海外旅行中、思わぬ物価の違いに驚いた経験はないだろうか。反対に外国人から見て、
    日本で「高い」と思ったものとは……? 日本在住の外国人20人に聞いてみた。

    Q.日本で「高すぎる!」と思ったものを教えてください。理由もお願いします。

    交通費
    ・「交通費がとても高いです。飛行機とか新幹線とかタクシーもなんでも高いので日本国内を旅行するとかなりお金がかかります」(ロシア/20代後半/男性)

    ・「交通費や駐車場代。特に駐車代の場合、オーストラリアでは商業施設なら最初の1、2時間はフリーに対して日本は最初から発生する」(オーストラリア/30代後半/男性)

    ・「日本の地下鉄はスペインのより高いです。質の方がいいからでしょう」(スペイン/30代前半/男性)

    ・「日本で一番高すぎる! と思ったものは乗車券です。母国には安いものなので、日本に来ましたらとても驚きました」(ポーランド/30代前半/女性)

    ・「交通費が高いと思います。あちこち行くと出費が膨らみます」(台湾/40代後半/女性)

    ・「運賃、果物・野菜の値段、ビール等。母国で基本的に安い全ての物は日本で何倍も高いです」(ウクライナ/20代中半/女性)

    野菜や果物
    ・「野菜と果物です。イタリアではよくメロンや桃を毎日食べる習慣がありますが、日本ではとても無理です」(イタリア/30代前半/男性)

    ・「野菜や果物の価格が高いです。母国ではキロ単位で売っていて、安いです」(トルコ/40代前半/男性)

    ・「果物が高いすぎる。ベトナムでは200円で約1kgを買えるけれど、日本ではできないです」(ベトナム/30代前半/女性)

    ・「果物!! バナナ以外全部カナダより高い。旬のものでも高い。国民健康保険も高いと思いました。コンサートやライブも高すぎる」(カナダ/30代前半/女性)

    http://news.mynavi.jp/news/2016/03/22/139/

    このページのトップヘ